ケノンのランニングコストは他の脱毛器よりも優秀!脱毛器ケノン大辞典

MENU

ケノンのランニングコストは他の脱毛器よりも優秀!

 

 

 

家庭用脱毛器は脱毛エステに行かなくても自宅でムダ毛を処理できるので、経済的にもリーズナブルに済みますし予約を取る手間暇もかかりません。
ただ、同じ家庭用脱毛器でも購入後のランニングコストにはかなり差がありますから、ショット数と1ショットあたりの価格は必ずチェックしましょう。
口コミでも「購入後お金がかかりにくい脱毛器!」として高く評価されているケノンは、カートリッジ1個分で50,000回も打てます。1ショットにつき、たった0.15円しかかかりません。
一方センスエピは750回しか打てませんから、1ショットにつき7円もかかり度々カートリッジを買い求めなければなりません。

 

ランニングコストは大切なポイント

 

家庭用脱毛器は色々な種類が発売されていますが、その選び方として、使いやすさや機能的な面、あるいは効果などは勿論大切ですが、忘れてはならないのが、ランニングコストです。ややもすると、本体そのものの価格は気にしますが、ランニングコストにまでは目を向けないで選んでしまっている人が案外と多いです。
長い目で見ると、そこは外せません。やはり長く使うという前提で選んだ方が賢明です。そうやって考えると、一番のお勧めはケノンです。カートリッジ代とショット数を比較すると、1ショット約0.15円で済む計算になります。他の家庭用脱毛器と比較すつると、ダントツにランニングコストに優れています。

 

 

脱毛器ケノンとイーモリジュをランニングコスト比較!

 

人気家庭よう脱毛器のケノンとイーモリジュを、ランニングコストで比較してみました。
結論から申し上げますと、ランニングコストに優れているのは間違いなくケノンです。ケノンのカートリッジは定価で1個7,700円しますが、50,000ショットも打てるので1ショット代はわずか0.15円で済みます。
一方、カートリッジ代が8,400円もするイーモリジュは、たった18,000ショットしか打てません。1ショットあたり0.46円もしますし、度々カートリッジを交換しなければなりません。
ちなみに、本体の最安値価格もイーモリジュの方が1万円近く高いようです。

 

 

ランニングコストが安くできます

 

エステサロンのような仕上がりが期待できる、家庭用脱毛器のケノンは自宅で時間がある時にいつでも脱毛ができ、サロンへ行かずに奇麗にむだ毛処理ができるので、サロンへ通うよりもランニングコストが安く脱毛が出来るのが特徴です。
短時間でとても奇麗に、肌がつるつるになる仕上がりが期待できて、毛深いのがコンプレックスな方でも、手軽に気になるむだ毛処理が行う事ができます。
ランニングコストを抑える事が出来る、家庭用脱毛器のケノンはしっかりと脱毛を行う事が出来るので、エステサロンなどへ行かなくても、時間やお金を掛けずに奇麗に仕上がります。

 

 

欠点もあることを知っておきましょう

 

「ケノン」は最も人気のある家庭用脱毛器の1つであり、エステサロンと変わらないほどの高機能を持ち、自宅でいつでもムダ毛処理をできるのが魅力です。
一方で最大の欠点は「コストがかかる」ということでしょう。
購入する場所によって差はありますが、本体だけで10万円程、そして定期的にカードリッジを交換する必要があるためその費用も必要にです。
最近ではエステサロンでの脱毛費用がかなり安くなってきており、ケノンを購入することを考えている場合は一度比較してみるのもよいかもしれません。
更には肌に直接使用するものでありお肌に合わないこともあったり、希望通りの効果を得られなかったと感じる人もいます。
高い効果を期待したい場合や、特にお肌が弱い人はエステサロンで自分の肌の調子に合った脱毛を行った方がよいかもしれません。その際は自分にあった脱毛サロンを比較して決めましょう。

 

ケノンの気になる欠点は?!

 

売れに売れている家庭用脱毛器のケノンの、気になる欠点を探ってみました。
結論から申し上げますと、ケノンはびっくりするぐらい欠点がない家庭用脱毛器です。現役医師も絶賛するほど安全性、機能性に富んでいますし、肌への刺激も極限まで抑えられています。
美顔器機能も好評ですし、照射範囲が広く出力も高いので効率良くムダ毛を処理するのにぴったりです。ここまで総合力が高いからこそ、数ある家庭用脱毛器の中でもダントツの売り上げを記録しているのでしょう。
初めて家庭用脱毛マシンを使う方でも、無料電話相談サービスがあるので安心です。